2015年07月26日

夏まつり!

今年も玉川学園前夏まつりでの2日間の演奏が終わりました。もう10年以上、毎年とみん銀行前ステージ担当のみっちゃんのお声をかけで参加させて頂いてます。
この夏まつりは商店街の飲食店や地元の方で夜店を出していて、とてもリーズナブルに美味しく人気で、年を重ねる毎にお祭りもステージも盛り上がりを増しています。天気の良いときもあれば荒天のときもあるけど、どんなときでも笑顔で誠実な商店街のみなさんやみっちゃん、その向上心とファイトにいつも元気をもらっています。

2015_matsuri.jpg

今年の1日目の演奏は大好きなピアニスト、阿部さんに出演をお願いして「MammaTrio」と名付けて参加。
もりぶ(sax.fl.篠笛)
阿部紀彦(key)
ミカコ(vo)
と言う顔ぶれで、最近では珍しくジャズスタンダード一色のライブでした。
最近はジャズは唄うより聴く方が好きな状況ではありますが、せっかくご一緒出来るならと、阿部さんに弾いて頂きたい好きな曲をぎっしり集めてみました。阿部さんは体調不良ななか、とても素晴しい演奏でご一緒して下さって、お祭りらしくハッピーな曲ばかりでしたが涙が出そうに感動したのでした。わたしはジャズクラブで演奏、というのはどうも性に合わない暮らしぶりとなってきましたが、こんな風にいい演奏の中に身を置けるご縁があるかぎり、好きなジャズは自分なりの方法で続けてゆきたいなと思ったのでした。
演奏中に翌日出演の仲間、ピアニストの本郷さんが遊びに来てくれて、阿部さんと初対面。このお二人はお互いの演奏のトラで助け合ったりとなにかと親しく連絡を取り合っていたのにいままで会ったことは無かったとか。
その対面の様子もなんだかじーんとしてしまったり。
IMG_3581.jpg IMG_3587.JPG

そして2日目は濃厚改め、農耕ジャズバンド「やまやま」にて参加。
メンバーは
もりぶ(sax.fl.篠笛)
本郷修史(key)
大竹弘行(b)
武田剛(dr)
スズキミカコ(vo)
であります。
年に1〜2回ライブするくらいのこのバンド、相方もりぶと私のオリジナル曲を中心に、農耕の喜びや大自然への讃歌をコンセプトに演奏しています。実は農業を始める前に組んだバンドなのですが、実際に畑をはじめ6年が過ぎ、その間に共に育ってきた曲ばかり。去年からドラムにたけちゃんを迎え、ますます愉しいバンドとなりました。最近私にとってのやまやまライブは「まつり」の要素が強くなってきています。本来ヒトは日々狩猟・農耕し、節目には祭で精神の開放のときを持って来たように思います。これと言った田舎は無く、地域の伝統的祭も持たないけれど、そういった場への憧れのある私が行き着いたひとつの方法なのかも知れません。
と、話が固くなりましたが、農耕暮らししつつも、ときにはみんなとおおはしゃぎしたいのです。そして、この日のやまやまでは間違いなくそんな演奏が出来たのでした。ライブの合間に癒しの女神みっちゃんを中心にまつりを楽しむメンバーたち。しあわせそうです。みんな信頼出来るいい仲間たち。
まつりの最後には街中で第九の演奏、目の前でオペラ歌手の方が唄い、凄い迫力でした。
名称未設定.png IMG_3598.JPG

両日とも沢山の方に聴いて頂きました。中には毎年見かける方がいらっしゃったり、お野菜の販売でお会いしたことのある方が偶然いらっしゃったり、友人が訪ねてくれたりと嬉しい限りです。なかでも、歌い手の友人スミアヤコちゃんがやまやまライブ聴きに来てくれたのは感慨深いものがあります。彼女とは長いこと共に歌って、切磋琢磨し合った時期がありました。ときには近いからこそお互いの持たない部分に嫉妬しあったこともあったと思います。いろんなことを乗り越えて、彼女が教えてくれたことはとても大きいです。
正直者で人を愛し誠実に向き合う彼女は、素晴しい仲間とバンドを組み、ますます素敵な女性となっていい音楽を奏でて大活躍中です。そんなスミちゃんにやまやまをを聴いてもらえたのは、本当に嬉しい。
音楽活動を続けてきて、沢山の出逢いがありました。そんな気持ちをじっくり味わえた夏まつりがうれしくて、久しぶりにライブレポート書き留めてみました。みなさんありがとうございました!!


11249152_808859895888639_6324407927350392391_n.jpg
posted by pocopana at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423040436

この記事へのトラックバック