2016年10月01日

緑肥の活用

3A5CC5B6-487B-4D7C-BF9D-F2D56A528DB3.jpg

緑肥として栽培した豆科の植物「クロタラリア」。夏の間に2m位まで伸びたのを刈ってある程度乾燥させたら鋤き込みます。堆肥効果はもちろん、ネコブセンチュウやキスジノミノハムシの抑制効果も期待できます。
この畑は今季は作付けはお休み、来春に人参かカブを蒔くかなーと、農園主談。

posted by pocopana at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。