2017年05月10日

桜の木の下で

フラワーアーティストの伸子さんにお声かけ頂き、松田の山の中、寄の古民家nicoichiさんの「お花見大宴会」にて演奏して参りました。ギターの秋山さんとmusica das montanhasデュオ版です。

BCE0AF48-22BA-4D14-8803-C875192BA341.jpg

8288B9C5-8976-43C0-9412-210925EEBBAF.jpg

始めて訪ねたnicoichiさん、八重桜の花はまだ残ってくれていて、風に乗り散りゆく花びらが美しい。スタッフの皆さんが準備に取りかかりお客さまを待つ間、暫くその光景を眺めていた秋山さんが庭先でふとギターを弾き始めました。

5E7F674F-034D-4AD0-9A2A-9CAB4851B85E.jpg
5DD3F277-6A2C-4A81-A247-2461407DAE8D.jpg

素敵な庭を散策しながらギターの音色を感じていたら、知っているメロディーが流れ始める。何となく一緒に歌い始め、そのままセッション。あー自然な音楽だなあと、リラックス。
E102DA94-A2D8-4A8E-93C6-45BE2E78951F.jpg368FDF2E-E328-4E66-AFFE-5196C01D6C3D.jpg

nicoichiスタッフでもある伸子さんは古民家でお花のワークショップをされています。
78283AF2-F008-43AE-AE36-F1E5433DBB34.jpg
伸子さんが秋山さんには胸飾り、私にはヘッドドレスを用意してくれていました。とっても素敵、お花をこういうかたちで頂くって嬉しいなあ。

E5D74E90-37EB-41CC-9D6D-C2BA582337B4.jpg

音響機材なども用意しましたが、あまりの心地良さに、そのまま生音ライブ。すると風も鳥たちも共に歌いだし、ますます自然に溶け込んでゆくのを感じる。時折花吹雪が美しく舞う。ああ気持ちいい…。調子に乗って、曲最中に旋回を始めてしまった私(笑)。846F7744-9AB8-4CDA-A88C-8E5831EFE642.jpg

一部が終わり、干物と野菜のバーベキュー庭先の八重桜の塩漬けで炊いた桜ごはんが絶品でした。
399801AC-324A-4C43-B3C9-5B127829D124.jpgBDB1C262-556A-4DF8-962A-80262826CA41.jpg

バーベキューしながらライブ2部へ突入、私はリラックスし過ぎて曲間に干物を食べてしまううっかりぶり!
A6A30C45-835C-4E77-A29D-5E3DE8E17098.jpg

そのあとは一芸タイム、伸子さんご夫婦はウクレレとカズーの掛け合いが楽しい。お客様でいらしたメルヘンさんも歌ってくださり、お人柄の滲むあたたかい歌にジーンとしました。
4DACAD46-E874-4E2E-A876-F2F6FF56E3B0.jpg
2E67486B-F3EB-47D6-8A24-84B0E775EB4A.jpg

更にはみんなで即興セッション、桜の木の下でみんなで記念撮影中には、秋山さんの即興ギターに合わせて私が歌い出し、みんなも歌い出し「桜の木の下で」という歌が生まれました。美しい風景はインスピレーションの宝庫であります。

618C3FBD-D1B7-4202-83EE-065F7A1549D1.jpg

nicoichiさんの魅力は何と言ってもこの古民家に暮らす葉月さんとリュウさん、お二人ともにこやかに場を和ませてくださる。アマゾン流域で2年間暮らしたというリュウさんの話に引き込まれる。
そして動物たち!アマゾン生まれの犬、ドミンゴはひょうきんでおっとりおおらか〜とっても仲良くしてくれました。
BDD8B782-0319-4F71-8502-215902883959.jpg
ユリちゃんはバックに入ってしまうほど小さいのに、みんなを気遣って優しくしっかりものなお姉さん。そして寂しがり屋さんなのが可愛い。
C9EA5450-74C9-42B5-B26B-22C58A0627D4.jpg

そしてイグアナのマルちゃん!ご挨拶に背中に登ってくれました。う、うれしい♡
81E7FC28-A656-4601-9611-465EBBE2A90F.jpg

マイペースなマルちゃんに誘われ、桜の木に登ってしまう。
CE07E3BF-3F25-45D6-BDAE-856EC03DD100.jpg6871AFC6-F4C0-4400-ABFC-559AC7DD90BA.jpgEB3FCBA5-B75B-49C7-BFE4-B6D38A26CB58.jpg

7代受け継がれてきた八重桜の大木は、立派な枝に苔むしシダが生え、ひとつの完璧な世界。毎年花が咲き、葉が茂り、落葉し、沢山の命を育んできたんだね。
5DB2086C-EB6A-49BE-B61B-3E2494B48875.jpg

そうこうしているうちに陽が暮れて、古民家の中へ。
AE4CE499-E377-430E-80E1-69F982CDA691.jpg

B5FD7F37-B2B2-40EA-863D-61D2B00C3D99.jpg

立派な神棚のある広間にて、リュウさんの口琴に始まり、スペイン語でコール&レスポンス。会の最後に秋山さんのギターに乗ってみんなで歌い踊りました。凄いエネルギー!
59EE60ED-01B0-47A2-82E4-310AC73E2331.jpg

直前に何かやろう!と決まり、ふらりと訪ねた会でしたが、驚くほどゆったりと濃密で、夢の国に迷い込んでしまったような1日でした。お訪ね頂いたお客様、nicoichiスタッフのみなさま、ありがとうございました!
今度は大竹さんも巻き込んで、musica das montanhas3人で桜の木の下や古民家の響きの中で演奏し、記録に残してみたいなあ。




posted by pocopana at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

山々の音楽とラーガ・ロックの世界

土曜日はラーガ・ロックユニットのApple Geetaさんにお声かけ頂き、musica das montanhasで対バンイベントに参加してきました。

DCC20277-6FDC-4F74-A14D-45F03021F0D6.jpg


昨年の夏、タブラ奏者セルハンとのご縁を繋いでくれた、Apple Geetaのシタール弾きAkikoさんとは、それ以来親交を深めて参りました。そしてギターのジィジキガワ氏は何気にmusica das montanhasがオリジナル活動を始めるきっかけを作って下さったひとり。感謝でいっぱいのお二人との対バン、楽しみにしておりました。


先ずは私たちムジモンの出番。
今回はなんと新曲が2曲!ライブ前にスタジオで初打ち合わせ、それぞれが色々考えてきた事を吟味しあい、みんなで寄り添って作り上げる作業、楽しい!!ですが、普段使わない脳を使っているのか?あまり味わったことのない感じの頭痛に⁉︎でもその甲斐あったか、私たちらしい感じに仕上がりつつあります。
大竹さんの新曲「茜雲」はシンプルで美しいメロディにインスパイアされて、荘厳な夕焼けの景色に想いを込めて歌詞を書き、鹿皮太鼓を鳴らしながら歌うことに。

D0A35E38-B6C9-446B-8339-72E0237AEBAD.jpg

そして、秋山さんの新曲「danza del campo」は軽快で遊び心あるリズムにワクワクし、草原でのダンス会をイメージして歌詞をつけました。今回は曲の最後に旋回をフューチャーしてくれました。慣れてきたら太鼓も叩きたいな。
 

15F7E4F6-0E26-44A6-9402-8E49779CA8CC.jpg

今回の演奏は楽しい中でも色々と自分自身の失敗が重なり(歌詞忘れたり、イロイロ)、凹んだ部分もあります。ですが、失敗をきっかけに何かがうまれたり、大きく前に進めたりするのだから。くよくよしないでこの体験を活かし、日々重ねてゆこうと自分を励ます。。この感じ、時々あるなあ(笑)
なんだかんだ言ってもmusica das montanhasの仲間たちとの演奏は、しあわせな時間、みんなの音やリズムに、色んな景色や、感覚や、想いがめくるめくのが楽しい。失敗も、受け止めてくれる。もう本当にありがたいです。

続いてはApple Geetaのお二人。
あきこさんの神を称えるポップなオリジナル、美しいシタールの響き。キガワさんのよく響く声に、芯のあるギター、おふたりとも演奏も歌もカッコイイ!

A8264725-2FC6-451C-9995-7BA75D8285F2.jpg


そして最後に出演者全員でムーラマントラコラボ。ワンネスの世界、しあわせ〜〜!

37B9CA1B-106A-4125-B2A5-6A3437EAA386.jpg

ライブ後には山伏研究家の房主さんを囲み秦野歴史探訪のお話に花が咲きました。大竹さんは店内にあったサーランギに興味深々。

4CCF1D6B-90AA-411F-B590-61B7EDD3AA0A.jpg

いかにも万象房さんらしい夜。
お訪ね頂いた皆様、ありがとうございました!
posted by pocopana at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

山々の音楽会

日曜日は「山々の音楽会」を開催。久しぶりのしっかり2ステージのワンマンライブでした。

4E9AD61D-6FEA-446B-A550-9BD3F37E655A.jpg

昨年の夏、タブラ奏者セルハンとのセッションライブをきっかけにカトマンズバールさんで始まったmusica das montanhasのオリジナル活動。それぞれの積み重ね集めてきたものを寄せ合い熟成させて新しい楽曲たちがうまれたり、以前からあったオリジナル曲を見つめ直したりしてきました。今回初の2ステージフルオリジナルでのライブ、カトマンズバールさんで開催出来て感慨深いです。

9D7E96F3-1B4B-4DB8-A66E-06FEE052DDE5.jpg

回を重ねてゆくたび、メンバーとのやりとりがますます楽しくなって、楽曲がどんどん深まってゆくのを実感出来ていて嬉しい…。数日前に秋山さんが書き上げてくれた新曲「休息」もバッチリ演奏出来ました。

7E17A7DE-9CD7-4B14-84C0-6EC79DA83FC6.jpg

そして満月の夜、お月さまのような久田さん制作の鹿皮ネイティブドラムをライブデビューさせる事が出来たのも嬉しかったのでした。深く優しい響き、これからももっともっと活かしたいです。
鹿皮ドラムは呼吸をしているから、湿度で皮の張りが変わってしまうので、本場前には白熱電球に当てて乾燥させると良いと伺っていました。本場前にカウンターの照明に当ててみる。うん、なかなか良いかも。説明するのをすっかり忘れてしまって、みなさん何のパフォーマンスかと不思議そうにされていました。

C9E785E2-0434-4F8F-99D9-117E2084F4C2.jpg

勿論、いろんなオモチャ楽器も登場。思いつくまま遊んでも、一緒に楽しんで反応してくれるお二人に、本当に感謝!

73B5512A-3EDC-4F21-9C52-277D0E702BFC.jpg

ありがとう秋山さん
F08C9C43-7704-4069-81C3-A91CA8190F6B.jpg

ありがとう大竹さん
0C37F780-7599-4AFB-900B-8C300E37A382.jpg


今回予約制にせず、お客様いらっしゃるかとドキドキしておりましたら、次々と思いがけない方のご来訪がありました。たまたまお食事にいらした方も山々の音楽をめいっぱい楽しんで頂けて、嬉しい限りでした。そして、カトマンズバールのとしこちゃん、いつもおおらかにあったかく見守ってくださっています。お訪ね頂いた皆様、カトマンズバールスタッフの皆様、心よりありがとうございました!

25091DCE-8E83-46D6-B2F4-06C103A1D9E4.jpg


次回musica das montanhas三人揃っての演奏は、4月22日(土)町田万象房さんにて、アップルギータさんとの対バンライブとなります。コラボ演奏なども予定していて、こちらも楽しみです。

4B496638-A5DD-4CA3-BA49-BE8BE2E25F2D.jpg

写真は宮岡さんより。いつもありがとうございます!
posted by pocopana at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

タロー庵のあたたかい夜

974B77AA-7E3C-4E3D-9928-23789937A66D.jpg

火曜の夜は町田の純手打ちうどんタロー庵さんにて「ライブ憂さ晴らしvol.7」に参加してきました。仲良しの歌姫めいちゃん率いる「深田フィルハーモニックカンパニー」と我ら「musica das montanhas」での生音ライブ対バンイベント。タロー庵さんでは、店主のタローさんが音楽好きとあって、頻繁にライブイベントを開催されているようです。

8CAB99DC-E2C9-4C29-983D-A6A1B27BEA2C.jpg

まずは私たちの演奏、今回は秋山さんとのデュオバージョンでした。カウンターのみの店内のため、秋山さんは珍しく立って演奏。お客様との距離が近くてドキドキ。ですが、カウンターの皆様のあったかさに癒され、和やかな雰囲気のなかリラックスして演奏できました。場の力でしょうか、色々インスピレーションを感じました。秋山さんのギターも優しく楽しい。生音はいいなあ。
演奏が終わってから、お客様から「山や森の景色が見えた」とおっしゃって頂きとても嬉しくなる。近頃漠然と、音楽で大自然と街の暮らしを繋いでゆきたいと思っていたのが、後押しされた感じでした。
6AD4A104-738A-42A1-98C4-E23A8B9410C8.jpg

続いて対バンの深田フィルの皆さん。トロンボーンの深田さんはトロンボーンはもとより口笛やシェイカー(ちょっとスペシャルな…)も凄腕。7弦ギターの太田さんの繊細なギターにメイちゃんが幸せいっぱいに歌う。大人の音楽にうっとり、焼酎のお湯割りが進みます。

7908034F-5BA5-444A-A0AB-49420E0880C6.jpg

最後に全員参加で「that's all」愛がすべてという、想い出深い歌。10年以上前にオリジナルでの音楽活動に行き詰まり、バンドに誘われてジャズの曲を歌い始め間もない頃、初めて覚えたこの歌を某所で歌って秋山さんと巡り合った。
スキャットでのめいちゃんとの掛け合いがほんとに楽しい。ジャズやボサノバでの活動を経て原点を見つめ直し、これからは日本語で自分の言葉でオリジナル中心の活動をしてゆくつもりだけど、やっぱりジャズのノリや、即興性が大好き。積み重ねたものであって、切り離すものではないよなーと思った。

ライブ終了後、タローさんの手打ちうどんタイム。私は前回訪ねた時に頂いたおでんがとっても美味しかったので、今回もおでんに。いやーやっぱり美味しかった〜〜!でもみんなが食べてるうどんも美味しそうだったので、次回はうどんにしようかな。
ライブとおでんで、心も身体もホカホカ温まった夜でした。
お訪ね頂いた皆さまありがとうございました。
posted by pocopana at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

木漏れ日新年会 後記

B5412A3F-7BFC-4509-BBBA-CA9D66191671.jpg

土曜日の夜はたいしゅんさん企画の「木漏れ日新年会」でした。昨年秋にたいしゅんさんと対バンやろう!と盛り上がり、長く楽しみにしておりました。とうとうスタート!

EF1DFC6C-7A8B-4C37-B6EB-DCB875209FDC.jpg

一番手、たいしゅんさんは「電気ブランコ」として出演、 実はがっつりライブをお聴きするのは初めてでした。情報としては知っていましたが、実際低く響く声といい、オリジナルにカバー曲や民謡も織り交ぜての選曲といい感動を覚える程好み!アレンジ、表現方法なども、見知らぬ楽器や音色を駆使し、素晴らしかったのでした。

EE79AAF3-9865-4187-8A9D-3BA02DD8B0D5.jpg

続いてバンドAnnでの共演を経て親交を深めた「しんごとひでこ」の夫婦デュオ。民族楽器を奏で歌い、あちこちの異国の物語の世界を旅するようなオリジナルとトラッド。観るたびワクワク!そして、踊りたくなる♪今回はいつもより多めに喋ってしまったというMCのやり取りも最高でした。

A20354AE-1E9E-4F8D-9E05-4AA936A1ECEF.jpg

続いて私達。オリジナルの対バンイベントはmusica das montanhasでは初めて。普段演奏では殆ど緊張しないですが、何故か珍しく凄い緊張(笑)しんごちゃんが飲んでいて美味しそうだしと言い訳しつつ、我慢出来ずホットウイスキー片手にステージへ。緊張は緩和されつつ、ゆるりとほろ酔いライブとなりました。ギターやチェロの音と声が混じる瞬間や、リズムと音のやり取りが幸せ。海に波に揺られていたのを想い出しました。緊張のあまりか、しんごとひでこ以上にかなりお喋りし過ぎてしまい反省!


そしてお待ちかね、最後に出演者全員でセッション。曲はひでこちゃんが私に合いそうと「The mist covered mountains of home」というスコットランドのトラッドを提案。年末の頃英語歌詞に苦戦中、しんごとひでこの良きアドバイスをくれたのがきっかけで、日本語歌詞を書いたのが良かった。とうとうみんなで合わせた本番、やまびこも聞こえてきて楽し過ぎ‼︎一回きりとは勿体無い。きっとまたやろう〜〜。
たいしゅんさんが動画をアップしてくれました♪



新年一発目の初対バン、愛してやまない音楽を追求し表現している出演者のみんなに、すごくすごく刺激をうけました。そしてとっても楽しかったけれど、自らのステージングや慣れない曲をもっと掘り下げたい点など課題を沢山感じました。musica das montanhasのこのスタイルは始めたばかり、きっともっともっと良くなる!

世の中には素晴らしいミュージシャンが沢山いるなあ。こんな素敵な企画をしてくれたたいしゅんさん、万象房さんに感謝!!
わたしも自分を信じて重ねてゆこう。

posted by pocopana at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

mistical dreamy night!!


◇resize_161210-213159.jpg

昨日の『音楽と踊りで織りなすmistical dreamy night』、お訪ね頂いた皆様ありがとうございました。共に楽しい場をつくりあげて頂き、感謝でいっぱいです!!
一部で踊ったハルニレダンサーズ、みんな堂々としていて、それぞれの個性が輝いて美しく、素敵だった〜。最初のキャンドルウォークに私も急遽参加させて頂く事となり、この夜最大の緊張でしたが、少しでもみんなと舞えて嬉しかった。

◇resize_161210-192323.jpg

二部はリリスさんの踊りと音楽とのコラボ。昨年秋にリリスさんと出逢い、ベリーダンスを始めて自分の身体と向き合い、歌がますます好きになったこの1年。共演の夢が叶って嬉しい。
リリスさんの踊り、なんて美しく優しく豊かなんだろうと、今回もじーんと胸が熱くなりました。触発されて由美子姉さんのギターの音色もますます美しく、もりぶ氏はノリノリでした。

◇resize_161210-205723.jpg

炎症が続いていたわたしの喉、当日にもう肚をきめて今のあるがままで気負わず歌おうと挑みました。結果、本番は嘘みたいに快調。本当によかった。唄えるってしあわせだなー。

◇resize_161210-204711.jpg ◇resize_161210-202952.jpg


美しい舞と演奏に没頭出来た、至福の夜となりました。
Photo by Tsuyoshi Kawazoe
posted by pocopana at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

チェロの音色と共に

5095B1F7-2EB1-496D-93A5-7AC94B988D25.jpg

土曜日の演奏、ウッドベース弾きの大竹さんがチェロでの初合わせ。今までクラッシックの楽団で弾いてきた大竹さん、本人ですら初めての初めての試みにどうなるかわからないと(笑)。
はじめてみれば、なんとも自由ではないですか!多彩な音色に世界が広がりまくり、わくわくしっぱなしのリハーサルになりました。秋山さんのギターも喜びに弾けていました。わたしも、もっともっと自由自在に共に歌えるようになるぞーと想い溢れたのでした。

映画「銀河の雫〜はじまりはひとつ」上映後の演奏では、踊ってくださる方もいらしたり、じっくり聴いてくださったり、和やかに楽しんで頂き幸せでした。私たちはリハーサルで観れなかったのですが、ネパールの幸福感を伝える映画の内容と、私たちの音楽に重なるものがあったとか。嬉しいお言葉、改めて映画を拝見してみたいです。
お聴き頂いた皆様、主催の岩渕ご夫妻&由美子さん、美味しいコーヒーをご馳走してくださったマスター、ありがとうございました!

BB830554-ACF1-4E2F-9EEE-B37C2BFB7907.jpg
(追記 ライブ中の素敵な写真を頂きました♪)

次回musica das montanhasの演奏は、年が明け1月14日(土)に町田の万象房さんでの対バンイベント。他出演は「うなぎ屋たいしゅん」さん、「しんごとひでこ」さん。ちなみにひでこちゃんはAnnでの愛しのコーラス仲間であります♡どちらも色んな民族楽器に素敵な声で弾き語り、多国籍ムード溢れる会となりそうで楽しみです‼︎
posted by pocopana at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

山々の音楽会 パリワール第一夜

E0603FE6-EA11-4ABC-9D31-75B5DC865C7A.jpg

満員御礼となった伊勢原カトマンズバールさんでの「山々の音楽会 パリワール第一夜」、とても和やかな楽しい夜となりました。お客様のMさんが沢山素敵な写真を撮ってくださったので、写真盛り沢山に書き留めてみます。サウンドチェックが終わり、先ずはカンパーイ!(注、ビールなのは手前の2人のみ)


9A97E391-E19B-429E-9732-AC6929D70948.jpg



そしてはじめに演奏してくださったのはネパール音楽のバンチャパリワールのノルブさん&カウリーさん。ノルブさんはマダルというネパールの太鼓、カウリーさんはサーランギという弦楽器を演奏されます。客席の皆様は珍しい楽器に興味津々。

672F8A7F-9CB7-49CD-8978-FAA6A26041DA.jpg

ネパールで暮らしておられたお二人の演奏、ネパールへの想いが溢れていました。山にちなんだ曲を多く取り上げてくださいましたが、カウリーさんが日本語に訳されたというネパールの童謡がとても素敵で、訪ねたことのない山々の景色が目に浮かびました。ネパールを何度も訪ねられたお客様や、お店のネパール人スタッフさん達はいっそう懐かしい想いをされただろうな。

D531C150-2032-4255-867E-40420BA1E3C8.jpg

バンチャパリワールのメンバーは実は沢山いらっしゃって、ネパールで巡り合ったお師匠さまの元で共に学び、今は関西での活動が中心だとか。フルメンバーの演奏もお聴きしてみたいものです!



C569512B-9DD2-4790-A656-5E8D84178A5C.jpg

続いてはインド音楽家の国分あきこさんの登場、今回はタンプーラを演奏しながらのインド音楽解説と歌で参加くださいました。独特のラーガの音階の響きに、会場は瞑想タイム、気持ち良かった!シタールを演奏するあきこさんの姿はまるで弁天様のようですが、タンプーラでは少し人間に近づいてあきこ様という感じでした♪
ノルブさんとのコラボでは10拍子の曲を演奏!

7EFBB7CE-2869-4495-B220-E70FAD178B54.jpg

musica das montanhasとコラボしてのアクロスザユニバースも良かった。サビはなんと大竹さんも(わたしも)一緒に歌ったのでした。みんなで歌うって楽しいな。
インドの雄大な大地のように、ゆったりとおおらかなあきこさん、素敵な時間でした。

40D09905-30B9-4BA3-B90F-191BED77207F.jpg



そして、我々musica das montanhasの登場。
先ずは手に入れたばかりのホースを振り回すわたし。素敵な音が鳴るのです。

60BC111E-E556-4444-AA48-AA78BF2A2192.jpg

三人のオリジナルを盛り込んでの演奏、ギターの秋山さんとウッドベースの大竹さんの音のやりとりも、お二人の曲もとても好き。musica das montanhasの仲間には大自然を感じます。この夜も風となり、海となり、山々となり、いろんな生き物となり、みんなで美しい世界を旅しているみたい。こんな音楽をやりたかったのだな、出逢えて良かったなとしみじみ思いました。

18947EE9-F47B-4B98-9845-0DD73BD6C9A5.jpg


後半は遊びに来てくれたモリブが参加してくれて、おおいに盛り上がりました!

2C1AE912-A6B8-463D-9E22-6869CF443CEF.jpg



そしてイベント終了後、遊びに来てくれたネパール人の青年ギリくんのミニライブ。
ノルブさんも参加でこちらも楽しかった。

4D345031-57AB-4939-BDF6-5E0368B7883A.jpg


ライブが終わって、なんだかやっぱりみんな家族みたいな気持ちに。頼りになるお兄さんと弟。ウッカリものの私を演奏だけでなく準備片付けまでフォローしてくれました。

A8D70742-0920-4C3E-A7BD-39BDDB17D3A5.jpg

カトマンズバールのみんなも家族、ラマさんがネパールに帰国中でさみしくもあったけど、今回もますます皆さん温かくて感謝です!

571947C8-13B0-496A-99BD-ADB8426CDC81.jpg

名残り惜しいけど、そろそろ帰る時間となりました。山々の音楽会、またゆったりペースで開催してゆきたいと思います。お訪ね頂いた皆様、心よりありがとうございました!

3020320C-EFD9-4D31-BE26-27BBBA6457A7.jpg



posted by pocopana at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

スミアヤコと仲間たち



E41AE52F-7FBF-45C9-9F1D-1E035CF51D09.jpg

火曜の夜は「和音祭」にてスミアヤコと仲間たちでの演奏にコーラス参加。対バンには和楽器や民族楽器を使ったバンド、和太鼓に三味線、二胡と聴き応えありました。

私たちは、夏のもんじぇを経て再びスミちゃんの呼びかけに集い、初めてのメンバー構成でした。

スミアヤコ(ボーカル&ギター)
川久保典彦(鍵盤)
しんご(ブズーキ&バンジョー)
ひでこ(コーラス&ドゥンベック)
ミカコ(コーラス&シロクママラカス)

リハを重ね、みんな陽気で笑い溢れるなか、一曲一音を丁寧に掘り下げていきました。

C80C66C9-094C-4725-BF75-FD61808E7AE2.jpg


そして本番、久しぶりの都内のライブハウス、照明に目が回り音が大きくてドキドキしました。舞台にあがり一曲目カバーの「アフリカ」が始まると、皆と音を重ねる高揚感のなか集中。アフリカの平原が見えたような気がしました。

A904FD9A-E0A4-4FB9-94E5-319A7C9A8F04.jpg


そのあとはスミちゃんのオリジナル、熱くまっすぐな瞳の彼女らしい世界。ユーラシア大陸を、国道16号線を、メンバーみんなで旅しているみたいだった。本番はあっと言う間でしたが、一瞬一瞬が胸に焼きつきました。仲間たちありがとう‼︎

A1DC4C1C-D269-4891-A66F-3629AEC1EE87.jpg

インストの曲「闘いの詩」にはシェイカー参加、今はスミちゃんの元にある自作のシロクママラカスで(スガッツ、わたしに勇気をおくれ〜と念じながら)挑みました。

次回コーラス参加は11月25日(金)に下北沢CIRCUSのAnnライブにて。
新曲も予定、がっつり楽しんで頂けますので、ぜひぜひ‼︎

個人的にはコーラスワークを通し、声の可能性に新たに気づき見えてきたもの、目指すものが出来ました。
自分を信じて、今日も歌おう。

posted by pocopana at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

こんこん市

64624024-2C3F-4C5A-B816-05E5AA63BFE4.jpg

こんこん市、お野菜に羊毛細工、そしてオリジナルの演奏と、日々の暮らしをまるまる並べさせて頂きました。

いつものことながら出店の手際が悪く、周りのお店の方、バンドの仲間、お客様にまでお力添え頂きました。みなさん、本当にありがとうございました。
他のお店を殆ど巡る事ができなかったのが心残りです。

6E8C7603-45CC-4C7E-937C-F7C5194D59D9.jpg

演奏はmusica das montanhasの仲間達と。神社の森の匂いに音、子供たちが演奏に喜んで走り回っているのが心地良かった。
演奏のしあわせが名残惜しく、夜はメンバーと合流して打ち上げ。いろいろと語りあえて嬉しかった。嬉しすぎてチョッピリ飲み過ぎました。

B678C2E9-FBD5-4889-ACD8-07BAE24C82B9.jpg

沢山の方とのあたたかな繋がりを感じる1日、素敵な場をひらいてくださった主催の向原さん、白笹の神様にも心より感謝です。

posted by pocopana at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

カトマンズバール タブラ&シタールの夜

昨夜はカトマンズバールさんにて、セルハン&あきこさんのインド古典音楽ライブでした。


16拍子や11拍子の曲、全然数えられませんでしたが、熱く素晴らしい演奏なのはわかりました!素敵でした〜〜‼︎
私もmoola mantraでゲスト参加。遊びに来てくれた夫モリブやベリーダンサーリリスさんも登場で、こちらも忘れられない素晴らしい演奏となりました。
FC647B07-DBFB-4B27-A6F3-69623F710688.jpg


カタコトの英語で、セルハンたち夫婦の故郷トルコの事や世界各国を演奏旅行の事などを沢山話して、一緒にネパール料理を楽しんで、演奏以外もとてもしあわせな時間でした。
AB4DE20C-4EE5-47E0-828B-DE99C35A0C1A.jpg

セルハンたち、3ヶ月の日本滞在もあと10日程で終わり、トルコに帰国されます。
その前に9月9日(金)の夜は町田の万象房さんにてもう一度一緒に演奏、「タブラの夜、再び」とっても楽しみです‼

posted by pocopana at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

沖縄の歌の会

今夜はユミコ姉さんと演奏。美味しいお料理と共に沖縄の歌の会でした
さざなみのような美しいギターの響きに合わせて大好きなメロディーを歌ううち、いのちあふれる珊瑚の海が恋しくてたまらなくなりました。

最近あちこちで珊瑚の白化現象が深刻なのだそうです。どうか元気を取り戻してくれますように…。
A2ED60D0-4C2B-45CF-A433-01C1C7B16329.jpg
208CCE66-CBDF-44B5-AB71-18A8A4D5F448.jpg

posted by pocopana at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする